タグ: 遺産

相続において遺留分を有する人がいます

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を主張することが可能です。

遺留分を有するのは、兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり配偶者・子・直系尊属に限られます。

ただし、相続の欠格・廃除・放棄によって相続する権利を失った者は遺留分を主張することもできません。
これらの事実を知らなくとも、相続の開始から単に10年が経過した場合も同様に権利行使できなくなります。

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を
主張することが可能です。
“相続において遺留分を有する人がいます”の詳細は »

やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ

相続税法はこうした飛び越えた相続による税逃れを抑えるために、こうした2割加算の制度を用意しているという訳

各相続人の相続税額は、全体の相続税額を各自の取得遺産の配分に応じて算出した税額を基にして、各ケースの状況により控除や加算をされ、それらを算出して決まります。ここでは、相続税を2割加算される場合についてご説明します。2割はかなりの負担になるので注意が必要です。
“やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ”の詳細は »