最初に相続が始まったらすべきことがある

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。遺言があるのかないのか?有効か?ということです。相続人と相続財産を調べることも次に行うべきことの必須事項でしょう。預貯金や不動産などの資産だけを見てしまうことは危険です。
“最初に相続が始まったらすべきことがある”の詳細は »

余り気にない方もいる形見分けと相続

相続において財産が市場取引の対象となるものであるかどうか?

生前に「形見として死んだらあげる」と言われていたものでも同様です。財産処分の対象となるか、単なる思い出の品分けになるかの判断は市場価値があるかどうかということになってきます。

財産の承継にあたっては、相続税の納付が必要となります。相続税の納付期間は、故人が亡くなった翌日から10ヶ月以内で、一定の額までは税金がかからない基礎控除がありますので、税務署や税理士に相談するとよいでしょう。

形見分けは四十九日を過ぎてから行うのが一般的ですが、高価な貴金属や美術品は相続税の対象となることがあるので注意が必要です。
ただし、祭祀・墓地・遺骸・形見分け. 祖先から受け継いでいた系譜・墳墓・
祭具などの遺産祭祀・墓地・遺骸・形見分け. 祖先から受け継いでいた系譜・
墳墓・祭具などの遺産(祭祀 財産)は、承継とは無関係で、
遺産分割の対象外です。

遺産の整理を専門家に頼むとこうなっていくんだぜ

専門家に任せるメリットとしては安心に確実に 時間を自分で割かなくてもきちんとした手続きを代行してくれることです。(相続)

相続手続の多くは、素人が行うには非常に煩雑です。
書類だけを準備するにも戸籍謄本や遺産分割協議書など普段御仕事をしている人などは特に大変かと思います。
専門家に任せるメリットとしては安心に確実に時間を自分で割かなくてもきちんとした手続きを代行してくれることです。
“遺産の整理を専門家に頼むとこうなっていくんだぜ”の詳細は »

仮に間違った相続税の申告をすると後でこうなる

当然ながら相続人の間で相続争いがあったり手続きが遅れたりした場合でもこの期間内に相続税の申告を終えて納税をしなくてはいけません。

相続税の申告と納税の期限は相続開始を知った日の翌日から
10か月以内と決められています。

当然ながら相続人の間で相続争いがあったり手続きが遅れたり
した場合でもこの期間内に相続税の申告を終えて納税を
しなくてはいけません。
“仮に間違った相続税の申告をすると後でこうなる”の詳細は »

みなし財産という概念と税金の算出のわな

仮に相続人の中に相続放棄をした人がいたとしても、相続放棄しなかったとして法定相続人の数に含めて算定するものとします。

相続税は相続した人すべてに課税される・・・と思っていませんか?
実は相続税は相続によって財産を取得したすべての人に
課税されるというものではありません。

相続財産の一定額をこした場合のみ、支払うべき対象となりますので
その税金がかからない課税最低額を基礎控除額と呼びます。
“みなし財産という概念と税金の算出のわな”の詳細は »

やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ

相続税法はこうした飛び越えた相続による税逃れを抑えるために、こうした2割加算の制度を用意しているという訳

各相続人の相続税額は、全体の相続税額を各自の取得遺産の配分に応じて算出した税額を基にして、各ケースの状況により控除や加算をされ、それらを算出して決まります。ここでは、相続税を2割加算される場合についてご説明します。2割はかなりの負担になるので注意が必要です。
“やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ”の詳細は »

2次相続とは何のことかを知っておきたい

配偶者である妻が亡くなった場合、子供に相続権が移行する場合のことを指します

納税者からすると遺産相続にしろ、贈与にしろ
税金は少ないほうがいいというのが本音ですね。
遺産の分割でもできるだけ税金が少なくなるように
したいと思うところですね。
“2次相続とは何のことかを知っておきたい”の詳細は »

まだ日本人は相続と遺言状を他人事にしている

時間の経過とともに、財産や親族の状況は変化していきますから、その状況が変わった場合には遺言も見直さなくてはいけませんよ

遺言状は常に新しい日付のものが有効とされる性質があります。
また、一度作成した遺言の内容を変更したい場合には
新しい遺言書を作成できます。

新しい遺言書を作成して、前の遺言書を取り消す場合は
遺言書の方式を取り消したいものと同じ書式に必ず
準ずるということをしなくてもかまいません。
“まだ日本人は相続と遺言状を他人事にしている”の詳細は »

最新の記事 »