相続させると遺贈するの違いとは

遺言ではある財産を特定の人に引き継ぐために、相続させる、と
遺贈する、という方法があります。

相続と遺贈はどちらも似ているのですが、実は大きな違いが
あるのです。

相続は被相続人の財産が当然に相続人に引き継がれることです。
その相手は相続人に限られます。
しかし、遺贈というのは遺言で被相続人の財産のすべてや、その
一部を無償で贈与することです。相続人以外の人に遺産を与える
場合に遺贈という表現をすることが多いです。

また、登記の手続き上においてもm相続であれば相続人が単独で
申請をできますが、遺贈の際は遺言執行者が指定されていなけれ
ば、受遺者と相続人全員が共同で申請を行なう必要があります。
登録免許税も大きく異なります。

法定相続人以外に財産を残したいときには遺言で遺贈をするしか
方法がありませんが、「遺留分」への配慮を忘れてはいけません。
遺留分を侵害しているとその権利者からの滅殺請求を受けた際に
は侵害した部分について財産の返還をしなければなりません。
 

«
 

トラックバックURL