養子縁組制度と相続の関係

日本での養子縁組の制度には、普通養子と特別養子の2つのタイプがあります。
それぞれ養子縁組の目的や相続に関することも異なるのです。

特別養子縁組は養子が戸籍上も実親との親子関係を絶ち、そのことによりそれ
までの血縁関係も終了します。
法律上完全に養親の嫡出子となり、特別養子になった子は血縁関係のある実の
親に対する相続権も失うことになります。
特別養子縁組は子供の福祉を図る目的のために限定されており、養子縁組が成立
するためには年齢や事情、などいくつかの条件があります。

普通養子は養子縁組をしても実の父母との親子関係が失われることはありません。
養子になった子は養父母と実父母の両方を親として持つということになります。
相続に関しても両方の相続権を持ちます。

この養子縁組は民法上は法定相続人であるという地位に影響をすることはありま
せんが、税法上においては制限があります。それは法定相続人の数に入れることが
できる養子は実子がいる場合は1人まで、いない場合は2人までとなっています。
相続に関していえば養子縁組にはメリットもデメリットもあります。優れた制度
ではありますが、安易な養子縁組は将来的に複雑な問題を生む元になってしまう
ことにもなりえますので熟慮が必要です。

«
»
 

トラックバックURL