亡くなった人の銀行口座からお金をおろすには?

金融機関が預金口座の名義人の亡くなったことを確認するとすぐに、その口座を凍結します。
被相続人名義の預金は死亡した時点から「遺産」となってしまうためです。
凍結された口座はたとえ妻子でも引き出すことができません。

口座が凍結されているので引き出しはもちろん、引き落としにされている公共料金なども
引き落せなくなります。
何かとお金のかかる葬儀の費用や入院費など、必要なお金は様々です。

被相続人の預金は遺産になっているので、遺産分割が確定するまではこの状況が続きます。
相続人の1人が勝手に預金を下ろして他の相続人の権利を侵害することがおきないための措置です。
しかし、すぐに必要な葬儀費用や医療費の支払いなどであれば、金融機関は相談に応じてくれます。
通常は150万円程度までであれば、引き落としに応じてくれることも多いようです。

その後、相続人間の話し合いで遺産分割が決まれば手続きに必要な書類を金融機関に提出します。

«
»
 

トラックバックURL