みなし財産という概念と税金の算出のわな

相続税は相続した人すべてに課税される・・・と思っていませんか?
実は相続税は相続によって財産を取得したすべての人に
課税されるというものではありません。

相続財産の一定額をこした場合のみ、支払うべき対象となりますので
その税金がかからない課税最低額を基礎控除額と呼びます。

みなし資産=保険金-500万x法定相続人数
課税資産=資産+みなし資産+3年以内の贈与+相続時清算課税対象額-負債-葬祭
-5000万-1000万x法定相続人数

1人あたりの相続税=(課税資産÷法定相続人数)x税率-控除

相続税総額=1人あたりの相続税x法定相続人数

個人の相続税=相続税総額を分割資産により比例配分

1)課税価額の算出
正の財産(相続時清算課税の額や非相続人の
死亡3年以内の贈与を含める)-負の財産(負債)-葬儀費用等

2)相続税の算出
課税価格-相続税控除(5000万+法定相続人の数×1000万)
=課税遺産総額

法定相続人ごとに
課税遺産総額×法定相続分×税率=算出税額

各人の算出税額の合計=相続税の総額
3)各人毎の相続税額の算出
相続税の総額×遺産の案分割合-各種控除

仮に相続人の中に相続放棄をした人がいたとしても、
相続放棄しなかったとして法定相続人の数に含めて算定するものと
します。

遺産相続をしたら協議で詳細を決める
相続人に養子縁組している子がいる場合には、実子がいないときは2人まで、
実子がいるときには1人を法定相続人の数に入れることが可能です。
www.souzoku-shien.net/legacy/about

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む