カテゴリー: 相続を円滑に行なうには

相続させると遺贈するの違いとは

遺言では財産を引き継ぐ際に、相続と遺贈があります。どちらも同じように感じますが、意味は異なります。

遺言ではある財産を特定の人に引き継ぐために、相続させる、と
遺贈する、という方法があります。
“相続させると遺贈するの違いとは”の詳細は »

養子縁組制度と相続の関係

養子縁組とは血の繋がりのない者同士を法律上の親子関係にする制度です。

日本での養子縁組の制度には、普通養子と特別養子の2つのタイプがあります。
それぞれ養子縁組の目的や相続に関することも異なるのです。

“養子縁組制度と相続の関係”の詳細は »

離縁=離婚なのでしょうか?

離縁と離婚は同じような言葉に思われますが、法律上の意味は似て非なるものです。

時代劇を見ていると夫婦間の関係を解消するときなどに「離縁してやる!!」
などという言葉を聞くことがあると思います。
私もそうだったのですが、離縁=離婚ととらえている方も少なからずいるの
ではないでしょうか。
“離縁=離婚なのでしょうか?”の詳細は »

亡くなった人の銀行口座からお金をおろすには?

死亡した人の口座は金融機関が確認した時点で遺産分割確定まで凍結されます

金融機関が預金口座の名義人の亡くなったことを確認するとすぐに、その口座を凍結します。
被相続人名義の預金は死亡した時点から「遺産」となってしまうためです。
凍結された口座はたとえ妻子でも引き出すことができません。
“亡くなった人の銀行口座からお金をおろすには?”の詳細は »

相続の登記や手続はいつまでに行わなければならないのでしょうか?

相続の手続きにいつまでという期限はありませんが、放っておくと問題が生じることもあります。

相続登記の手続きは、いつまでにしなければならないという決まりはありません。

しかし、何年も放っておくと以下のような問題が生じて、相続登記ができなくなる
可能性もでてきますので、早めの相続登記を行うことをお勧めします。

もし相続登記をしないで放っておくと・・・

“相続の登記や手続はいつまでに行わなければならないのでしょうか?”の詳細は »

仮に間違った相続税の申告をすると後でこうなる

当然ながら相続人の間で相続争いがあったり手続きが遅れたりした場合でもこの期間内に相続税の申告を終えて納税をしなくてはいけません。

相続税の申告と納税の期限は相続開始を知った日の翌日から
10か月以内と決められています。

当然ながら相続人の間で相続争いがあったり手続きが遅れたり
した場合でもこの期間内に相続税の申告を終えて納税を
しなくてはいけません。
“仮に間違った相続税の申告をすると後でこうなる”の詳細は »

みなし財産という概念と税金の算出のわな

仮に相続人の中に相続放棄をした人がいたとしても、相続放棄しなかったとして法定相続人の数に含めて算定するものとします。

相続税は相続した人すべてに課税される・・・と思っていませんか?
実は相続税は相続によって財産を取得したすべての人に
課税されるというものではありません。

相続財産の一定額をこした場合のみ、支払うべき対象となりますので
その税金がかからない課税最低額を基礎控除額と呼びます。
“みなし財産という概念と税金の算出のわな”の詳細は »

やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ

相続税法はこうした飛び越えた相続による税逃れを抑えるために、こうした2割加算の制度を用意しているという訳

各相続人の相続税額は、全体の相続税額を各自の取得遺産の配分に応じて算出した税額を基にして、各ケースの状況により控除や加算をされ、それらを算出して決まります。ここでは、相続税を2割加算される場合についてご説明します。2割はかなりの負担になるので注意が必要です。
“やたらと高く感じるのが相続税の2割加算だ”の詳細は »

2次相続とは何のことかを知っておきたい

配偶者である妻が亡くなった場合、子供に相続権が移行する場合のことを指します

納税者からすると遺産相続にしろ、贈与にしろ
税金は少ないほうがいいというのが本音ですね。
遺産の分割でもできるだけ税金が少なくなるように
したいと思うところですね。
“2次相続とは何のことかを知っておきたい”の詳細は »