カテゴリー: 地域によって相続はちがいます

相続において遺留分を有する人がいます

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を主張することが可能です。

遺留分を有するのは、兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり配偶者・子・直系尊属に限られます。

ただし、相続の欠格・廃除・放棄によって相続する権利を失った者は遺留分を主張することもできません。
これらの事実を知らなくとも、相続の開始から単に10年が経過した場合も同様に権利行使できなくなります。

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を
主張することが可能です。
“相続において遺留分を有する人がいます”の詳細は »

余り気にない方もいる形見分けと相続

相続において財産が市場取引の対象となるものであるかどうか?

生前に「形見として死んだらあげる」と言われていたものでも同様です。財産処分の対象となるか、単なる思い出の品分けになるかの判断は市場価値があるかどうかということになってきます。

財産の承継にあたっては、相続税の納付が必要となります。相続税の納付期間は、故人が亡くなった翌日から10ヶ月以内で、一定の額までは税金がかからない基礎控除がありますので、税務署や税理士に相談するとよいでしょう。

形見分けは四十九日を過ぎてから行うのが一般的ですが、高価な貴金属や美術品は相続税の対象となることがあるので注意が必要です。
ただし、祭祀・墓地・遺骸・形見分け. 祖先から受け継いでいた系譜・墳墓・
祭具などの遺産祭祀・墓地・遺骸・形見分け. 祖先から受け継いでいた系譜・
墳墓・祭具などの遺産(祭祀 財産)は、承継とは無関係で、
遺産分割の対象外です。