相続に必要な戸籍は実はいろいろあります

相続開始になりますと、まず被相続人の戸籍を取得することが
必要です。


なぜ戸籍が必要かといいますと、「相続人を確定させるため」
なのです。戸籍は被相続人と相続人の関係(続柄)を確認でき
る書類です。相続が発生すると被相続人の財産や権利は相続人
全員が引き継ぐことになります。そのため、相続人全員の合意
がなければ財産を動かすことはできません。
また、相続税の申告必要な計算方法も相続人の数により大きく
数字が変わってくることもあります。

相続人が誰かということは戸籍をそろえてみて初めてわかるこ
となのです。では手続きに必要な戸籍は死亡時に本籍を置いて
いた役所に取り寄せればそれで十分なのか、といいますとそう
ではありません。
相続人を確定させるためには被相続人の出生~死亡までを揃え
ることが大切です。結婚により両親の籍から外れて新しい戸籍
が作られたり、本籍を移している場合、また法律により新しい
戸籍が編成されていることもあります。

そのため、新しく戸籍が編成されるたびに遡って過去の戸籍を
取り寄せないと揃わないということになります。

«
 

トラックバックURL