遺産分割協議書は実は自分たちでも作れます

遺産分割協議書とは相続開始後、誰がどの遺産を相続するのかを相続人間の
話し合いで決めた内容を記載した文章のことをいいます。
なんだか難しそうですが、実は複雑な相続でなければ協議書の作成は意外と
簡単です。

まずは戸籍の調査をして相続人を確定させます。調査をすることで後から
思わぬ相続人が出現してトラブルになるのを防ぎます。
そして相続財産を確定します。こちらも後々のトラブルを防ぐのと、預貯金
や不動産は遺産分割協議書がないと相続手続きができないこともあります。
遺産分割協議は、必ず相続人全員で行わなければなりません。もし1人でも欠
ていた場合は無効となります。
そして相続人全員が遺産分割について合意したら遺産分割協議書が作成できます。
文書にすることで相続人全員が合意したということになるのです。

特別な用紙は必要ないですが、保存ができるように丈夫な紙を使用することは
大切ですね。全ての記載が終わったら相続人全員が署名捺印を行ないます。
複雑な相続内容になる時などは、相続手続きの専門家である司法書士や弁護士、
行税書士などに相談するのも良いですね。

«
»
 

トラックバックURL