民法で決まっている相続における遺産の分割の協議のこと

遺言による分割の方法の指定(908条)

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができるとされています。

遺産の分割の効力(909条)
遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。
指定相続によって明示または黙示的に債務の帰属を定めた場合、債権者に対しては効力が及びません。なお、公租公課については、承継する財産の価額が承継税額を超えるときは、その超過部分を限度に他の相続人と連帯して納付する義務を負います。(国税通則法5条3項、地方税法9条3項)

★離婚の財産分与
現金以外の土地や建物の分与が行われた場合は譲渡所得課税が分与したほうに課税されることもあります。
例外として贈与税が加算されない場合は以下の通りです。
不動産、株式、預貯金等の名義変更ですでに贈与税の課税を受けたあとその財産を再び前の名義に戻した時。
この場合は登記簿謄本や通帳などで立証します。

贈与を受けた後に申告期限までに名義変更をした不動産について、前の名義に戻した場合。他人名義で取得した株式や貯金を売却、または払い戻し、その代金や払戻金を株式取得代金を負担したものや預貯金のものに帰属して所得税の申告をした時。
年間110万円ずつ複数年に渡って贈与する
契約を結んだ場合は、合計された金額にまとめて
贈与税が課税される場合があります。
直ぐに税金が納められない場合は5年以内の延納が認められています。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む