最初に相続が始まったらすべきことがある

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。遺言があるのかないのか?有効か?ということです。相続人と相続財産を調べることも次に行うべきことの必須事項でしょう。預貯金や不動産などの資産だけを見てしまうことは危険です。

人間の感情も絡んできます。介護などがあった場合は、金銭や精神的な負担もさらに増します。ずっと介護をしてきた親が亡くなったという場合、介護がからむと思ってもいなかった事態が発生することもあります。介護した人が他人である場合は、最近では相続財産を減らさないように介護にお金をかけない人もでてくるなど本末転倒なこともおこっているようです。民法においてはなくなった人の事業を手伝ったり、経済的な援助や病気の看病をしたりした人については亡くなった人の財産を維持したり、増やしたりすることの貢献者には「寄与分」という相続が認められています。

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む