カテゴリー: つくる時にあせらないための遺産分割協議の用意

相続に必要な戸籍は実はいろいろあります

誰が相続人になるかということは過去にさかのぼって戸籍をそろえてみて初めてわかるのです。

相続開始になりますと、まず被相続人の戸籍を取得することが
必要です。


“相続に必要な戸籍は実はいろいろあります”の詳細は »

遺産分割協議書は実は自分たちでも作れます

遺産分割協議書は相続手続きや相続人間の合意の確認のために必要ですが、作るのは意外と簡単です。

遺産分割協議書とは相続開始後、誰がどの遺産を相続するのかを相続人間の
話し合いで決めた内容を記載した文章のことをいいます。
なんだか難しそうですが、実は複雑な相続でなければ協議書の作成は意外と
簡単です。
“遺産分割協議書は実は自分たちでも作れます”の詳細は »

民法で決まっている相続における遺産の分割の協議のこと

被相続人は、遺言で、相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができるとされています。

遺言による分割の方法の指定(908条)

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができるとされています。
“民法で決まっている相続における遺産の分割の協議のこと”の詳細は »

最初に相続が始まったらすべきことがある

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。遺言があるのかないのか?有効か?ということです。相続人と相続財産を調べることも次に行うべきことの必須事項でしょう。預貯金や不動産などの資産だけを見てしまうことは危険です。
“最初に相続が始まったらすべきことがある”の詳細は »

遺産の整理を専門家に頼むとこうなっていくんだぜ

専門家に任せるメリットとしては安心に確実に 時間を自分で割かなくてもきちんとした手続きを代行してくれることです。(相続)

相続手続の多くは、素人が行うには非常に煩雑です。
書類だけを準備するにも戸籍謄本や遺産分割協議書など普段御仕事をしている人などは特に大変かと思います。
専門家に任せるメリットとしては安心に確実に時間を自分で割かなくてもきちんとした手続きを代行してくれることです。
“遺産の整理を専門家に頼むとこうなっていくんだぜ”の詳細は »

まだ日本人は相続と遺言状を他人事にしている

時間の経過とともに、財産や親族の状況は変化していきますから、その状況が変わった場合には遺言も見直さなくてはいけませんよ

遺言状は常に新しい日付のものが有効とされる性質があります。
また、一度作成した遺言の内容を変更したい場合には
新しい遺言書を作成できます。

新しい遺言書を作成して、前の遺言書を取り消す場合は
遺言書の方式を取り消したいものと同じ書式に必ず
準ずるということをしなくてもかまいません。
“まだ日本人は相続と遺言状を他人事にしている”の詳細は »