相続の開始とは

亡くなった方の財産を
一定範囲の人が受け継ぐこと、
これが相続です。

相続について規定した
民法の相続編では、
「相続が死亡によって開始する」とあり、
亡くなった方を「被相続人」と呼び、
財産を受け継ぐ一定範囲の人を
「相続人」と呼びます。
相続の始まりは、
「被相続人」が死亡したときであり、
「相続の開始」といいます。

死亡とは、病気や交通事故などにより
亡くなった場合の「自然死」とよばれるものの他に、
蒸発して長年行方がわからず、
生死も不明という場合に、
法律上、死亡したとみなして
相続を開始させる場合もあります。
死亡したとみなすことを「失踪宣告」といい、
一定の関係者からの請求により
家庭裁判所で「失踪宣告」が下される
ことによって行われます。

また、例えば飛行機事故などで
「被相続人」と「相続人」が同時に事故に遭い、
どちらも死亡して、どちらが先に死亡したのか
不明という場合もあります。
このような場合には、
同時に死亡したと推定され、
両者間で相続は生じないことになります。

相続は人が亡くなった時点で開始します。

 

トラックバックURL