相続させると遺贈するの違いとは

遺言では財産を引き継ぐ際に、相続と遺贈があります。どちらも同じように感じますが、意味は異なります。

遺言ではある財産を特定の人に引き継ぐために、相続させる、と
遺贈する、という方法があります。
“相続させると遺贈するの違いとは”の詳細は »

相続に必要な戸籍は実はいろいろあります

誰が相続人になるかということは過去にさかのぼって戸籍をそろえてみて初めてわかるのです。

相続開始になりますと、まず被相続人の戸籍を取得することが
必要です。


“相続に必要な戸籍は実はいろいろあります”の詳細は »

養子縁組制度と相続の関係

養子縁組とは血の繋がりのない者同士を法律上の親子関係にする制度です。

日本での養子縁組の制度には、普通養子と特別養子の2つのタイプがあります。
それぞれ養子縁組の目的や相続に関することも異なるのです。

“養子縁組制度と相続の関係”の詳細は »

離縁=離婚なのでしょうか?

離縁と離婚は同じような言葉に思われますが、法律上の意味は似て非なるものです。

時代劇を見ていると夫婦間の関係を解消するときなどに「離縁してやる!!」
などという言葉を聞くことがあると思います。
私もそうだったのですが、離縁=離婚ととらえている方も少なからずいるの
ではないでしょうか。
“離縁=離婚なのでしょうか?”の詳細は »

遺産分割協議書は実は自分たちでも作れます

遺産分割協議書は相続手続きや相続人間の合意の確認のために必要ですが、作るのは意外と簡単です。

遺産分割協議書とは相続開始後、誰がどの遺産を相続するのかを相続人間の
話し合いで決めた内容を記載した文章のことをいいます。
なんだか難しそうですが、実は複雑な相続でなければ協議書の作成は意外と
簡単です。
“遺産分割協議書は実は自分たちでも作れます”の詳細は »

亡くなった人の銀行口座からお金をおろすには?

死亡した人の口座は金融機関が確認した時点で遺産分割確定まで凍結されます

金融機関が預金口座の名義人の亡くなったことを確認するとすぐに、その口座を凍結します。
被相続人名義の預金は死亡した時点から「遺産」となってしまうためです。
凍結された口座はたとえ妻子でも引き出すことができません。
“亡くなった人の銀行口座からお金をおろすには?”の詳細は »

相続の登記や手続はいつまでに行わなければならないのでしょうか?

相続の手続きにいつまでという期限はありませんが、放っておくと問題が生じることもあります。

相続登記の手続きは、いつまでにしなければならないという決まりはありません。

しかし、何年も放っておくと以下のような問題が生じて、相続登記ができなくなる
可能性もでてきますので、早めの相続登記を行うことをお勧めします。

もし相続登記をしないで放っておくと・・・

“相続の登記や手続はいつまでに行わなければならないのでしょうか?”の詳細は »

相続において遺留分を有する人がいます

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を主張することが可能です。

遺留分を有するのは、兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり配偶者・子・直系尊属に限られます。

ただし、相続の欠格・廃除・放棄によって相続する権利を失った者は遺留分を主張することもできません。
これらの事実を知らなくとも、相続の開始から単に10年が経過した場合も同様に権利行使できなくなります。

代襲相続が可能な場合(相続放棄を除く)には、代襲者が遺留分を
主張することが可能です。
“相続において遺留分を有する人がいます”の詳細は »

民法で決まっている相続における遺産の分割の協議のこと

被相続人は、遺言で、相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができるとされています。

遺言による分割の方法の指定(908条)

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができるとされています。
“民法で決まっている相続における遺産の分割の協議のこと”の詳細は »

最初に相続が始まったらすべきことがある

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。

まず相続が発生してすべきことは「遺言の確認をする」ということ。遺言があるのかないのか?有効か?ということです。相続人と相続財産を調べることも次に行うべきことの必須事項でしょう。預貯金や不動産などの資産だけを見てしまうことは危険です。
“最初に相続が始まったらすべきことがある”の詳細は »

« 過去の記事